JUN歯科クリニック東府中
JUN歯科クリニック東府中

治療方針

クリニックと患者様が一緒になって、
歯の健康について真剣に考えていく病院

一番は歯の健康寿命を延ばす
ということだと考えております。

そのためには我々の努力はもちろんのこと、
患者様の日頃の口腔ケアについても、
より積極的にアドバイスいたします。
そこで、患者様にも努力して頂くことは
不可欠だと考えております。

1. 歯の健康寿命を
延ばすために全力を尽くす

まず歯の寿命を延ばそうと思ったときに、逆に寿命を縮める要因を明確に知っていますか?

歯の寿命を縮める要因は人それぞれあるのですが、多くの方が見落とされているのが、今自分の置かれている状況を正確に理解していないということだと思います。

それが故に、何に重点を置いた口腔ケアが必要なのかが明確ではありません。
日々行っている口腔ケアに疑問を持たず、ルーティーンでただこなしているだけの方が大半です。
要は敵を明確に知るということがものすごく重要なことなのです。

JUN歯科クリニック東府中の取り組み

当院ではまず、患者様ごとの問題点を明確にし、今ご自宅で実践するべき口腔ケアのアドバイスから行います。
治療をすれば治るという感覚では健康寿命の延長は見込めません。

術後のメンテナンスも大切なのですが、あくまで患者様一人一人の日々の行動が変わらないと、本当に良い方向には変わらないと考えます。 厳しいことを言いますが、治療をしたことで「見た目が良くなった!」、「よく噛めるようになった!」で一喜一憂していてはいけないのです。

それを維持していくのがどれだけ大変なことか私たちは知っています。
一度ご自身のお口の状態を検査し、日頃の口腔ケアについて見直してみてはいかがでしょうか?
その上でもう少し突っ込んだパーソナルなご説明が出来ると考えております。

2. ホワイトニングで歯の健康増進

ホワイトニングとは、簡単に説明すると髪の毛で言うところの「脱色」です。
言わば歯にダメージを与えて、引き換えに白くなるという発想です。

歯を強くするホワイトニング

当院で使用する薬剤は、もともと歯を強くする薬剤として開発されました。

しかし、実際歯に応用してみると歯質強化が実現しただけでなく、歯が白くなっちゃった・・・という副産物的な背景があります。
つまり従来の常識から逸脱したホワイトニングだと思います。
私自身、従来のホワイトニングに歯のダメージという点で、あまり良い印象がなかったため積極的に行ってきませんでした。

しかし、これなら!というものに出会えたので自信をもってお勧めしたいと考えます。
ホワイトニングに目が行ってしまいますが、あくまで歯質強化という点が1番のメリットだと考えます。
1度体験されるとその効果が実感できると思いますので、ご興味がありましたらご相談ください。

3. 日常の口腔ケアについての
専属アドバイザー

日常的に使用する歯磨きケア用品についてアドバイス致します。

歯を失う方には、大きく分けて虫歯が原因で歯を失いやすい方、歯周病で歯を失いやすい方がいらっしゃいます。
現在ドラッグストアなどに行けば、各メーカー多数の歯磨き粉が出ています。
種類も豊富で価格も様々、それだけのラインナップから自分に合ったものを明確に見つけ出すことは、正直かなり難しいことだと思います。
そういった日頃どんなものを使ったら良いのかというところからご相談に乗ります。

豊富なデンタルケア用品

歯ブラシやうがい薬、デンタルフロス等、当院がご利用をお勧めしているデンタルケア用品を、受付にてご購入いただけます。
虫歯や歯周病を防ぎ、口内環境を改善するために、毎日のセルフケアはとても大切です。

また、特定の歯科医院でしか提供できない歯磨剤なども置いてます。
主にホワイトニング効果と歯質強化に特化した物です。

4. 日本歯科麻酔学会認定医による痛みに配慮した治療

やはり歯医者さんを嫌がられる原因の1つに麻酔があります。
言ってしまえば、治療中の痛みを取り除く行為が既に痛いという本末転倒な行為になります。

当院では、表面麻酔を置く時間を管理し、なるべく痛みを感じない刺入ができるよう心掛けております。
また、電動の麻酔器がありますので、薬を流し込んでいる際の圧力が調整できる為、痛みも軽減することが出来ます。

日本歯科麻酔学会認定医の強み

高齢社会となり、数多くの方が少なからず持病を持っている時代となりました。
そんな時代の流れを考え全身疾患についての知識を付けておかなければと思い、歯医者でありながら麻酔科の門をたたいたというところです。現在こうして歯科のみならず医療が急速に発展してきたのも、麻酔の技術が向上したからに他ありません。

一般の方はほとんどご存じないと思いますが、1846年エーテルという麻酔薬を用いて親知らずの抜歯の公開手術をおこなった歯医者さんがいました。この公開手術がもし失敗していたら、未だに医療の発展はなかったかもしれません。
手術=激痛という常識をひっくり返したわけですから凄まじい発見なのです。

この外科の未来を切り開いた歯科医に敬意を払い、麻酔の勉強に励みました。

◇ 持病をお持ちの方も
安心して治療を受けられます

あくまで歯科医ですから麻酔の勉強と並行して歯科の研鑽も積んできました。

強みと言えば知識という部分では、持病をお持ちの方については何に気をつけるべきなのかを熟知していると自負しておりますので、安心して治療を受けて頂けるかと思います。

ただし逆を言えばリスクが解っているわけですから、高度な危険を伴うと判断した場合には、総合病院などご紹介させて頂くこともあります。

また、大掛かりな外科処置、歯科治療に不安や恐怖が強い場合、静脈内鎮静法(セデーション)を用いて治療する準備はありますので、ご相談いただければと思います。詳細は直接ご説明いたします。

実際全ての症例に生体モニターを使用することはありませんが、リスクを伴う外科処置や重度の高血圧症の方などモニタリングが必要と判断された方については、モニターの使用を検討いたします。
モニターの見方などは麻酔の経験を生かせるので私としても強みの一つと言えると思います。

アクセス

東府中駅から徒歩2分と通いやすい立地。
土日も診療しているのでお忙しい方も
通院しやすいクリニックです。

〒183-0006
東京都府中市緑町3-6-2 
花村第2フラワーマンション1階西号

当院までの道順

042-310-9299

診療時間
10:00 〜 13:00 -
14:30 〜 20:00 -

●…18:00まで ▲…9:00〜13:00/14:00〜17:00