JUN歯科クリニック東府中
JUN歯科クリニック東府中

根管治療について

根管治療とは

神経まで虫歯が及んでいたり、既に神経が死んでしまっている状態の歯が、膿を溜めこんでしまったケースなどで行う治療になります。

痛みの原因

神経が生きている歯の場合

歯の中に収納されている神経も、何らかの炎症が起これば簡単に言うと腫れます
神経が収まっている空間は伸び縮みしません。つまり腫れようとしている組織をギュウギュウに密閉している状態になれば、中の圧力が高まり当然神経が圧迫されますので、強烈な痛みが持続してしまいます。

神経が死んでしまった歯の場合

神経が生きているケースと違い、痛みの原因は様々だと思います。多くの場合は免疫力が下がってしまい、バイ菌の勢いに押されて一気に膿が溢れて膨れ上がる際、やはり中の圧力が高まり強烈な痛みを生むという事があります。

あとは、歯その物にヒビが入ったり割れたりすることで、噛む度にきしむ為に起こってくる痛みもあります。
歯にヒビが入ってしまうと、抜歯になる可能性が高いです。

 

根管治療の
具体的な治療内容

歯の根っこというくらいですので、かなり曲がってたり枝分かれしてたり、膨らんでいたりと様々な形をしています。その複雑な形態の根っこにそれぞれ神経が通っている空間があります。その空間の中にいかにバイ菌を入れこまず、且つ不純物を取り去り、キレイに密閉できるかというのが私たちが日々行っている根っこの治療の考え方です。

根っこの形態が奥歯になればなるほど複雑なため、何度か足を運んでいただかなくてはならなくなりますが、とにかくきれいな状態で密閉したいと考えているので、それに付随してというところです。もともと虫歯が出来てしまった事から、こういった治療が必要になるのですが、虫歯とは内容が大きく異なります。

単純に虫歯は、表面的に黒くなっていたりするので、視覚的に患者様も分かりやすいのですが、根の中については我々も全てが見通せているわけではありません。どうしても盲目的な治療になってしまうため、中で起こっている事を想像しながら治療を行っていきます。
ですので当初の痛みが無くなったから治ったのかというと、まだまだそういうわけではなく、ある種この基礎工事をきちんと行っておかないと、後々痛みや腫れの原因となる可能性が高まります。

アクセス

東府中駅から徒歩2分と通いやすい立地。
土日も診療しているのでお忙しい方も
通院しやすいクリニックです。

〒183-0006
東京都府中市緑町3-6-2 
花村第2フラワーマンション1階西号

当院までの道順

042-310-9299

診療時間
10:00 〜 13:00 -
14:30 〜 20:00 -

●…18:00まで ▲…9:00〜13:00/14:00〜17:00