JUN歯科クリニック東府中
JUN歯科クリニック東府中

小児歯科について

保護者の方へ

小児の治療については、やはり親御さんの協力なしには成立しないものと考えます。

例えば「お子さんの仕上げ磨きをいつまで行うべきか?」という事について議論しても、あまり意味がないのですが、個人的に子供の親として日々感じている事は、「生え変わるから大丈夫」といった考えをお持ちの親御さんが少なからずいるという事です。
もちろんボロボロになりながらも役目を果たした乳歯は大人の歯に生え変わります。

永久歯が先天的に欠如してしまうケースがあるのはご存知ですか?

生え変わって間もない大人の歯は、完成品ではありません。ボロボロになったから仕方がないので抜いてみたものの、なかなか大人の歯が生えてこない、なんてこともありえます。

そもそも永久歯が作られないケースも遺伝的に起こりかねないですし、そうレアなケースではありません。
永久歯は成熟しきった歯を、いかにして保つのかというのがポイントになりますので、虫歯のみならず歯周病もケアしていかなくてはなりません。

しかし乳歯は、基本虫歯だけフォーカスして予防していけば、歯周病で歯が抜けてしまうようなことはほぼありませんので、お子様の口腔ケアというのはある意味シンプルなわけです。

当院からのお願い

大人と違い、子供の治療については非常に気を使います。治療のクオリティはもちろんですが、一番は親御さん、我々スタッフ共々「絶対に嘘をつかない」ということです。

治療中の痛みを取り除くための麻酔などは、痛みを感じるツライ瞬間だと思いますが、虫歯の治療で痛みを伴うことは、ある程度仕方ない部分もあります。

付き添いの親御さんや我々スタッフが、何の気なしに
「大丈夫だよ、痛くないからね」「もう絶対痛くないよ麻酔してるから」
などの声掛けをして、実際痛かった時には「嘘つき」になってしまうわけです。 信用されなくなった途端、ユニットに一人で座れなくなったりしてしまうものなのです。

確かに心情は察しますが、それだけ小さなお子様に苦痛を強いることになったきっかけは、やはり本人ではなく親御さんの責任になってしまうのです。

私自身、親になってみて初めて色々な大変さを痛感している次第ですが、こればかりはやるしかないのです。 こういったことを踏まえるとお子様の治療で大切なのは、親御さんの理解をどれだけ得られるかだと思います。

 

乳歯が虫歯になりやすい理由

乳歯は永久歯と比べると、エナメル質でできています。
さらに以上のことが言えるでしょう。

・ 象牙質が半分程度の厚さしかないため
・ 哺乳瓶やお菓子を与えることが多いと、口の中に糖がある状態が長くなるため
・ 乳歯は歯と歯の間にものがはさまりやすいため
・ 乳歯は歯列がでこぼこしていて、うまく歯磨きしにくいため

 

当院の小児歯科治療のポイント

小児歯科では、お子様になるべく痛い思いをさせないことが重要と考えています。なぜなら、お子様が歯の治療で痛い経験をすると、生涯歯医者嫌いになってしまい、大人になってからも、歯や口に問題が起きたときに重症化するまで放置するようになってしまうからです。

その事態を避けるべく、当院では、お子様が痛くない治療を心がけています。

 

お子様の虫歯予防

自宅で行うケア

フッ素うがい

フッ素のうがい薬を1日1回行うことをお勧めします。もちろんうがいが出来ない子にまでさせられませんが、非常に効果は高いと思います。 また当院ではポリリン酸の歯磨き粉も販売しておりますので、再石灰化に期待することも同時にできます。

歯医者で行うケア

1. フッ素塗布

定期的に高濃度のフッ素塗布を行っていきます。別途お金はかかりませんのでご安心ください。

2. シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯磨きをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。その溝の中に虫歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いで虫歯予防します。

 

※注意点

大人の治療に準じた治療になります。特に抑制が必要なお子様につきましては、専門の病院をご紹介させて頂くこともあります。

アクセス

東府中駅から徒歩2分と通いやすい立地。
土日も診療しているのでお忙しい方も
通院しやすいクリニックです。

〒183-0006
東京都府中市緑町3-6-2 
花村第2フラワーマンション1階西号

当院までの道順

042-310-9299

診療時間
10:00 〜 13:00 -
14:30 〜 20:00 -

●…18:00まで ▲…9:00〜13:00/14:00〜17:00